5自分のスキルアップのために、
日々努力している事はありますか?

福井

資格取得のための費用とかは全部会社が出してくれます。資格はどんどん取ろう、という意識は会社全体の中にありますね。直近では経験一年でとれる施工管理の資格があるので、その取得に向けて勉強しています。

柘植

僕も同じ施工管理の試験に向けて勉強しています。10月に試験があります。

三田

日々の点検業務で必要な作業車の操作の講習などを受けて、自分もできるようにしています。
正直、日常の業務で必要な資格ではありませんが、この資格を持っていると関係会社さんを手伝う事もできますので、資格をとっておこうかな、と思いました。

石田

私も三田さんと同様に、現場で使う機械の操作の資格などは取得しています。それを取らないと作業員さんたちが仕事をする上で何が危険か明確にわからないので、もし危険な事をしていても注意していいのかどうかの判断がつきません。
作業員さんがケガや病気で休んでしまった場合など、緊急の場合に動かすこともできます。安全管理の面で知識は必要だと思っています。

6こんな仕事をしたい、
こんなになりたいという
目標はありますか?

福井

現場の上に立つのが仕事なので、安全管理を徹底して事故なく現場を進めて、終われる人になりたいと思っています。橋脚に興味があり、自分のしたい仕事をしているので、このままもっと成長して知識をつけ、経験を積んでいきたいと思っています。

柘植

僕も、まだまだこの会社が保有している技術や会社ができる工事の全てに携われているわけではないので、もっともっといろんな現場に行ってみたいと思います。そのためにはもっと自分の知識を付けていかねば、とも思っています。

三田

日々の点検の現場は分かってきたのですが、新幹線に特化している事もあり、長い距離の新幹線の事をしっかり把握し、もっともっと現場の事を詳しく理解しなければいけないと思っています。新幹線の沿線では住宅地もありますし、近隣にお住まいの方との調整もあります。

石田

今の現場で短期的な目標を言うと、今まで無災害でやってきたのであと1年少し、このまま無災害で終わらすことです。
将来的には、余裕があるどっしりした人になりたいですね。作業員さんたちは指示を出す側の私たちことを良く見ています。私が余裕なく焦っていると作業員さんも焦って失敗してしまったりします。なので、落ち着いて構えて指示が出せて、それでいて親近感があるような人になりたいですね。

7就職を検討している学生に向けて、
この会社のお勧めポイント
教えてください。

福井

今、ケミカル工事では僕ら若い社員の意見をどんどん取り入れようとしています。半年に1度のリスニングで、仕事を、会社をどう思っているのかを受け止めてくれて、すぐに反映してくれているというのをこの1年で感じました。ですので、意見はすぐに通る会社だと思います。押し付けの部分はなく、風通しのいい会社ですね。

柘植

皆さん色んな話を聞いてくださいますし、風通しはすごくいい会社です。この会社では、調査から設計・工事まで維持管理についての最初から最後まで携われます。社会のインフラに興味があればとても面白いと思います。完成まで見届けることができる、という所がやりがいだと感じます。

三田

私が所属している支店は新幹線に特化していますので、新幹線好きにはたまらないですね(笑)。
特にこの仕事をしていて思うのが、自分が何をしているかという事を意識して仕事ができるというのは分かりやすくていいですね。歯車の一部ではなく、仕事に誇りを持てますね。

石田

私の支店では地下鉄もそうですが、高速道路などインフラの工事がメインです。なので、普段から自分の仕事現場を利用する事が多いんですよ。そうすると、「あ、ココはオレが施工したところだ」って思う事も多くて、それだけで充実感を味わえます。
何というか、味のある会社ですね。仕事をすればするほど、この会社の良さがわかると思います。
是非ケミカル工事に入社していただき、一緒に頑張りましょう!

インタビューを初めから読む

今すぐエントリー!

Let's work with us!